歩き屋セバスチャンの革手帳©︎

イチカワパパの裏ブログ。仏車一筋20年。ルノー・スポールを乗り継ぎ、現在の愛車はTWINGO RSシャシーカップ。フレンチロケットのMTが乃木坂46より大好物。いつもフランス車に心が動く。ヨガスタジオに通い始めたよw

【絶滅危惧種のクルマ選び☆vol.3】

今どき非常識!と言われるのを承知の上で、あえて私がこだわるのは『音』です。現在の愛車、ルーテシア・スポールに装着している藤壺マフラーはご覧の通り、今でも工芸品レベル。ハッキリ言って手放したくないのが本音。

 

 

ルノースボールがチョイスしたメイドインジャパン藤壺マフラーは美味しいところが2段になっていて、5000rpmで音が劇的に変わった後、吹け上がりが一気に鋭くなり、7000rpm付近で高らかに吠えまくります。

 

クルマは下廻りからチェックするのが私の流儀。これから購入しようとしているベース車両『ルノー・トゥインゴ R.S.シャシーカップ』のマフラーをチェックしてみると。。

 

f:id:ichikawa-papa:20190821161718j:image

 

あちゃーっ!

 

けっこうサビきてますね。それに履いているタイヤが、BSスタッドレスの扁平率40BLIZZAKの八分山。もしかしたら、前オーナーは積雪地帯でヤンチャに乗られていたのかな。。

 

私が10年間も磨きあげてきた、藤壺の方がぜんぜん程度がいい感じです。同車種ならマフラーを付け替えたいぐらい。

 

合法的に『ルノースポール シャシーカップ』に付け替えできるマフラーないですかね?と相談すると、真剣に購入を検討いただいているのなら、在庫で持っている『ルノー・トゥインゴ・ゴルディーニ ルノースポール』が装着している藤壺を付け替えてもOK!と社長から快諾をいただきました!

 

f:id:ichikawa-papa:20190821164415j:image

 

やったーっ!

今回、藤壺マフラーのドナー車両になってくれるゴルディーニと記念撮影。もう満面の笑み!!

 

f:id:ichikawa-papa:20190821164932j:image

 

物事って、何でも相談してみるものですね。

 

タイヤに関しては、アジアンタイヤは問題外でパス。韓国、台湾系メーカーのクオリティは徐々に上がってきているけどやめときます。タイヤは命を乗せているから。

 

BSのplayzより廉価なのにチャレンジングで、ウェット性能が高いタイヤ、ヨコハマのアドバンフレバを選択。

 

f:id:ichikawa-papa:20190821205225j:image

 

なぜ私はウェット性能にこだわるのか?

 

それは私が唯我独尊、怒涛の雨男、アンブレラ帝国の皇帝だから〜ww

 

私が遠出する時は、95%の確率で、雨、嵐、ゲリラ豪雨、台風が直撃するからです。雨雲を呼ぶ能力を持ってこの世に生まれた以上、天命を全うします。

 

17インチホイルは夏タイヤに組み換えてもらって、スタッドレスBLIZZAKは、そのまま頂戴することになりました。

 

 

まだつづく