歩き屋セバスチャンの革手帳©︎

イチカワパパの裏ブログ。仏車一筋20年。ルノー・スポールを乗り継ぎ、現在の愛車はTWINGO RSシャシーカップ。フレンチロケットのMTが乃木坂46より大好物。いつもフランス車に心が動く。ヨガスタジオに通い始めたよw

【神の手】欧州車&旧車☆再生工場

車齢15年になる私の愛車は異常警告灯のキラキラ星状態。正規ディーラーにクルマを出すと、メカニックさんからこんな連絡が。。。



『エアバック本体、エアバックコンピューター、プリテンショナー、ステアリングセンサーのいずれか、または複数箇所に相関する原因で発生している故障かも...』


『デリケートな箇所であるため部品の修理は不可。ASSY交換で修理費用はやってみなくちゃ分からない』と、事実上のギブアップ。最悪の場合、50万円超えも...


そこで次に私がクルマを出したのは、以前にルーフィングの張替えを施してもらった、街の自動車修理屋さん。特に欧州車、旧車にめっぽう強いのです。工員さんはみんなクルマ大好き人間ばかり。



クルマを預けて二週間、何の音沙汰もなし。苦戦しているのかなと思いましたが、ついにやってくれました!!


消去法で故障原因を推定しながら丁寧に作業を進め、プリテンショナーの配線チェックでカプラーまで分解し、見事に直してしまいました。


さすが神の手。旧車再生工場。


さらに驚くべきことは、その修理費用。
『32,000円』でお釣りを貰っちゃいました。



そんなモンだろ?って思われる貴方、なんとBOSCHのバッテリー交換費用込みなのです。



もう私はこの自動車修理工場に全幅の信頼を置いています。やはり入庫しているクルマが違うわww



(アルピーヌは私のクルマではありません)


『プロのシェフは与えられた食材で最高の料理を作る。オーナーシェフは最初にお客さまの笑顔を考える』


こう言い切った、ビジネスセミナーでの講師の話を思い出しました。




おわり