歩き屋セバスチャンの革手帳©︎

得体の知れぬスピリチュアルなヨガと、唯我独尊のフランス車をこよなく愛し、ルノー・スポールを乗り継ぐ。現在の愛車はTWINGO RSシャシーカップ。熱狂的フレンチロケットのマニュアル信者。いつもフランス車に心が動く。いつか死ぬまでに一度、ルノーF1の聖地ディエップ巡礼に行きたい。

【来年の手帳買いました】

日曜の夕方、
銀座伊東屋で来年の手帳を買いました。
私にとって手帳とはモレスキンを意味します。


大好きなラミーのブルーブラックは、すでに2011年頃から、ボトルインクも染料になってしまったので、裏抜けは起きてしまいますが...


それでも万年筆で書いた文字の風合いを見たら、やはりモレスキンとインクの組み合わせはラミーしかないでしょう。


モレスキンのバーチカルは仕事用、レフトタイプは、趣味のランニング用です。

私が死ぬまで、普遍の組み合わせです。
これ以外はあり得ない。


たかが手帳一冊に、よく4,000円近くもかけられますね?って言われることがありますが、いい大人が一年間も仕事で使うモノに、無自覚で良いのかよってハナシです。


おわり